MENU

いびき改善の為のお茶一覧

いびきをかかない為のお茶をまとめました。

 

お茶が有効ないびきのタイプは
鼻いびき
です。

 

鼻いびきでは
アレルギーや副鼻腔炎などによる慢性的な鼻詰まりで
ズゴ〜ズゴー、スピースピーという鼻が鳴るタイプのいびきを起こします。

 

鼻いびきを改善するには鼻の通りに有効なお茶が選ばれます。

えぞ式すーすー茶


特徴
えぞ式すーすー茶はアレルギー性鼻炎や花粉症、鼻づまりによるいびきの改善効果が期待できるお茶です。
鼻づまりの方は寝苦しく、いびきや歯ぎしりに悩まされることが多いですが、お茶を飲むだけで悩みの解決が図れます。

 

耳鼻科で鼻炎の治療を受けておられる方も飲むことができ、鼻炎の治療をサポートしてくれます。
飲み続けていると鼻がすーすーとしてきて、楽に呼吸ができるようになってきます。

 

睡眠中の呼吸も楽になるため、いびきや歯ぎしりの改善効果も期待できます。

 

成分

甜茶やクマザサ、赤紫蘇を原料にしており、いろいろな漢方の成分が配合されています。

 

甜茶は昔から薬草として使用されており、鼻づまりの症状を緩和させる働きがあります。

 

クマザサも薬草の一種で、強い抗菌作用があります。

 

ウイルスや細菌を除菌することによって鼻づまりの症状を緩和させ、いびきの悩みの解消に役立ちます。

 

赤紫蘇は天然のステロイド剤と呼ばれており、強力な抗酸化作用があるポリフェノールが豊富に含有されています。
これらの有効成分の相乗効果によって、鼻づまりの改善を目指せます。

 

正しい飲み方

薬ではなく健康茶ですので、いつ飲んでも問題はありませんが、毎日忘れずに飲み続けることが大切です。

 

メーカーの公式サイトを利用すると、3ヵ月毎お届け基本コースに申し込むことができますので、続けて飲みやすくなります。
返金保証制度もあるので価格的にも安心して購入できます。

 

眠気を覚ますカフェインは配合されていないので、寝る前に飲んでも大丈夫です。
ノンカフェインの健康茶ですので、妊婦さんや授乳中の方でも安心して飲むことができます。

 

副作用
鼻炎治療のための医薬品ではなく健康茶ですので、副作用の心配はありません。
ノンカフェインの健康茶であるため、妊娠中や授乳中の女性やお子様が飲んでも大丈夫です。

 

健康茶特有の癖がないので、お子様でも美味しく飲むことができます。

 

100g当たり1kcalと極めて低カロリーであり、糖質ゼロの健康茶ですので、血糖値が高い方や糖尿病の方でも飲むことが可能です。
低カロリーで糖質ゼロであることから、ダイエット中の方にも最適です。

 

>>えぞ式すーすー茶【公式キャンペーンサイト】

 

白井田七茶


特徴
このお茶は有機栽培されたお茶と田七人参を合わせた健康茶です。
子供のズルズル対策としても飲まれている安全性の高いお茶です。
通販専用品です。
定期コースでも1回目から解約できます。違約金なども一切発生しません。

 

成分
お茶の成分として有名なのはカテキンですが、これはポリフェノールの一種で、鼻のムズムズにも有効とされています。
緑茶独特の旨味や甘味を作り出すテアニンはアミノ酸の一種で、リラックス効果があります。

 

サポニンは身体のめぐりをスムーズにする役割を持ちます。
また、ビタミンC・E・B2や葉酸・βカロテンなどの成分も豊富です。

 

田七人参も有機栽培で作られていますが、こちらは中国雲南省周辺の環境厳しい高山にのみ生息する植物です。

 

昔から健康維持・心身の滋養に用いられてきたもので、サポニンやフラボノイド・必須アミノ酸など多くの栄養成分を含むのです。中国での別名は「金不換」すなわちお金に換えられないと言われるほど貴重なものなのです。本来なら不可能であったはずのこの植物を有機栽培することを成功させたのがこの商品名にもなっている白井さんなのです。そのおかげでこの商品は誕生することができたのです。

 

正しい飲み方
スティックタイプの粉末緑茶となっているためどこにでももって行くことができます。こちらをカップに入れてお湯を注いでやるだけで気軽に飲むことができます。もちろん夏場は冷やして飲んでもよいです。1回66円で健康と美容を手に入れられるため決して高すぎるわけではありません。
青汁などと違って苦味が少なくまろやかな味わいでとても飲みやすいです。小さなお子様でも嫌がらずに飲んでくれるでしょう。
まずは1日1杯から家族で試してみて、毎日続けるようにしましょう。

 

副作用
無農薬の原料にこだわっているため安全性は高いです。小さなお子さんが飲むこともできますし、カフェインが入っているとは言ってもほんのわずかなので妊娠中や授乳中でも飲むことができます。できればお湯ではなく豆乳で割ってやった抹茶ラテ風にアレンジすると大豆の食物繊維で更に健康によくなりおすすめです。
ただ、血行促進効果は発熱時に飲むと頭痛を引き起こす場合もありますし、高血圧や心筋梗塞・脳梗塞などの病気で血液をサラサラにする薬を服用されているような方は過剰摂取となる危険性もあるため医師への相談が必要です。

 

薩摩なた豆「爽風茶」

 

特徴
薩摩なた豆「爽風茶」は蓄膿症などで鼻に溜まった膿を排出して呼吸を楽にしてくれる効果が期待できるため
いびきの改善目的に飲まれることも多いお茶です。

 

いびきの改善だけでなく、歯槽膿漏を改善して口臭を予防したり、免疫力を高めてアレルギー症状の緩和などにも役立つとされています。

 

成分
薩摩なた豆を主成分としてお茶が作られており、
食物繊維やポリフェノール、鉄分などのミネラル分やビタミンなど人間の体で生成できない栄養素も豊富に含まれていることから
様々な体の不調に効果的であり、抗酸化作用によってアンチエイジングなども期待できるとされています。

 

体質改善などにも有効ですので、このお茶を飲んで鼻の通りを良くしていびきの改善だけでなく病気になりにくい体になることも期待できます。

 

正しい飲み方
飲み方としては、やかんなどにお水となた豆茶のティーバックを入れて沸騰させて5分ほどに出して温かいままであるいは冷やして飲みます。
そのままお湯を注いで飲んでもOKです。

 

いびきの改善に有効に働かせたい場合には、就寝する前に飲むことで体も温まりリラックスして寝ることができ、いびきの改善もできるのでおすすめと言えるでしょう。

 

副作用
なた豆茶はお茶にした場合、通常灰汁の中に含まれる毒素が焙煎することで除去された状態となるので副作用の心配はないとされています。

 

ノンカフェインですので妊娠中や授乳中の人でも安心して飲むことができると言えるでしょう。

 

ただ、豆アレルギーがある場合には場合によってアレルギー症状が出ることが考えられますので注意しましょう。

 

また、美味しいからあるいは健康に良いからと飲みすぎてしまうとデトックス効果が高いために
人によってはお腹が緩くなる場合がありますので過剰摂取にならないように気を付けましょう。

 

甜茶


特徴
甜茶は抗アレルギー作用がある健康茶で、アレルギー性鼻炎や花粉症の改善効果が期待できます。

 

鼻炎による鼻づまりが原因のいびきの改善効果も期待でき、いびきの悩みを抱えている方にとっては最適な健康茶です。

 

アレルギー性鼻炎の症状改善や花粉症対策として飲むことができ、睡眠中のいびきや歯ぎしりを防いでぐっすりと熟睡できる効果が期待できます。

 

アレルギーの学会が発表している科学的データでは、摂取してから2週間経過後に65%、4週間経過後に75%の症状改善が認められており、優れた症状改善効果が期待できます。

 

成分
主な有効成分はGODポリフェノールであり、抗酸化作用と抗炎症作用が優れていることが特徴です。

 

GODポリフェノールはヒスタミンの過剰分泌を抑制する働きがあり、ヒスタミンの分泌量を減らすことによって、アレルギー性鼻炎の改善を図ります。

 

GODポリフェノールの働きでアレルギー性鼻炎が改善されると、くしゃみや鼻づまりが解消し、睡眠中にいびきや歯ぎしりをすることはなくなります。

 

正しい飲み方
500ccの沸騰したお湯に2gから5gの茶葉を入れ、約5分間煮出しを行います。

 

熱いお茶を飲みたい方はこの時点で飲むことができます。

 

冷やして飲むことも可能で、夏の季節は冷やすとゴクゴクと美味しく飲めます。

 

1日あたりの適量は500ccですので、あまり飲み過ぎないように注意します。

 

飲むとすぐに効果が現れるわけではなく、花粉症対策として飲む場合には、花粉が飛散する時期の2週間位前から飲み始めるのが効果的です。

 

アレルギー性鼻炎の治療のために医薬品を服用している方でも飲むことができ、時間を決めて飲む必要もありません。

 

継続して飲むことが大切ですので、飲み忘れを防ぐためにまとめ買いをしたり、定期お届けコースに申し込むことをお勧めします。

 

【副作用】
アレルギー性鼻炎の治療薬ではなく、アレルギー性鼻炎に良い健康茶であるため、副作用が出ることはありません。

 

ただし、過剰摂取をすることは禁物ですので、1日あたり500ccの摂取量を守ることが大切です。

 

カフェインは含有されていないので、眠る前に飲んでも大丈夫です。

 

カフェインレスの健康茶ですので、妊婦さんや授乳中の女性、お子様でも飲むことが可能です。

 

>>甜茶の代替医療としての見解