MENU

いびきをかかない枕

いびきをかかない枕をまとめました。

ご自分のいびきタイプに合った枕を選ぶことで姿勢や気道の確保が可能になります。

 

主に仰向け寝で気道がふさがってしまう喉いびきに効果的です。

 

いびきをかかない枕は、子供の頃からいびきかいている方には向きません。

 

  • 成長するにつれて急にいびきをかくようになった方
  • 寝ても寝ても疲労がとれない方

に試してほしいものです。

 

枕なしではダメ?

普通に寝る分にはメリットデメリットありますが、いびきをかかない為には枕は必要です。

 

いびきをかかない為には、なんといっても気道の確保が最優先になります。

 

枕をしない事で口呼吸になる可能性も高くなるため、いびきに対しては良いとは言えません。

 

自分に合ったいびきをかかない枕の選び方

睡眠の質を高めてぐっすりと熟睡するには、枕選びがとても大切になります。

 

自分に合っていない枕を選ぶと熟睡できなくなり、心身の健康を損ねる原因にもなります。

 

ぐっすりと眠れるために役立つ、自分に合った枕の選び方を1つ1つ説明します。

 

自分に合ったいびきをかかない枕の選び方のポイントは、
最適な高さで蒸れにくく、寝返りが打ちやすい枕を選ぶことです。

 

3つの要素を満たしていれば、自分に合った枕であるといえます。

首と布団の角度が15度

枕を選ぶ時にまず確認することは、枕に頭を載せた時に首と布団の角度が15度になる枕を選ぶようにします。
角度が15度を超えると首と背骨に負担がかかり、肩こりの原因になります。

 

15度以下の角度の場合も首と背骨に負担がかかり、血液が頭に集まって頭痛の原因になるので注意します。

首と布団の角度が15度になる枕の選び方

仰向けになった時も横になった時も首や背骨に違和感を感じず、快適に眠れるようであれば、自分に合った枕であると判断できます。適度な硬さの高反発枕であれば、首と布団の角度が15度になるケースが多いです。低反発枕を選ぶ際には、頭を載せた時にあまり深く沈み込まない枕を選ぶようにします。

 

首と布団の角度が15度の枕を選ぶと寝返りも打ちやすくなり、ぐっすりと眠ることができます。

 

睡眠中に寝返りを打つことは熟睡するためには絶対に必要ですので、寝返りが打ちやすい枕を選ぶと睡眠の質を高められます。

硬すぎず柔らかすぎない

枕の硬さは高反発枕と低反発枕を問わず、硬すぎず柔らかすぎない枕を選ぶことがポイントです。

蒸れにくい

一年を通して快適に眠るためには、蒸れにくい枕を選ぶようにします。

 

特に日本の夏は蒸し暑いので、蒸れやすい枕を選ぶと寝苦しくて熟睡できなくなります。枕が蒸れると細菌が繁殖して衛生上も良くないので、蒸れにくい枕を選ぶことは寝具の衛生状態を保つことにもつながります。

 

枕の素材はいろいろありますが、蒸れにくい素材には、綿やポリエステル、そばがらやビーズなどがあります。

 

これらの素材を使っている枕は蒸れにくいので、蒸し暑い夏でも快適に眠ることができます。

 

特にそばがらの枕は蒸れにくいので蒸し暑い夏には最適です。
ただし、そばアレルギーがある人はそばがらの枕を使うことは厳禁ですので、そばアレルギーがある方は他の素材の枕を選ぶようにします。
夏は天日干しをして、枕カバーをこまめに取り替えることも大事です。

いびきをかかない枕ランキング

ここでは売上データや口コミなどを元にランキング型式でご紹介します。

 

横向き枕YOKONE

【特徴】
横向き枕のYOKONEは特許技術を採用したいびきをかかない為の枕です。テレビや新聞、雑誌などでも多く見かけますね。
頭や首だけではなく、肩と腕も安定させることが可能です。高さも調整可能。いびきだけでなく、胃の場所も適正化できるので内臓の負担も減ります。翌朝の口臭が気になる方にも選ばれています。ギフトラッピングもできるようです。

>>YOKONE【公式サイト】はこちら

 

天使の寝息

【特徴】
気道を確保について重点的に研究された枕です。朝起きて背中が凝っている、肩や首が痛いと悩む方にも選ばれています。横向き寝でも気道確保ができます。
素材は高反発素材です。低反発で合わなかった方に良いでしょう。

>>天使の寝息【公式サイト】はこちら

 

リビングインピースのいびき枕

【特徴】
リビングインピースは枕の専門通販です。そうウチの1つがいびきをかかない枕。公式サイトの月刊ランキングを見ると、いびき枕は常に上位ですね。
ネックフィット枕や寝返り枕、ロングケア枕など、いろいろな種類があるので一度ご覧ください。

 

スージーAS快眠枕

 

【特徴】
スージーAS快眠枕は楽天の快眠枕部門で長く1位を継続しているいびきをかかない為の枕です。特徴的なのは鼻いびきもサポートできる事です。
航空機の設計技術を応用した3D形状です。

 

クビックス

【特徴】
クビックスとは枕のことなのですが、通常のものとの違いは特殊な形状をしているので、頚椎を正しい位置で支えることができるという点です。そのおかげで、仰向けでも横向きで寝ていても空気の通りをスムーズに行うことができます。そしてクビックスは枕だけでなく、カバーも販売していて、蒸れないように工夫をしている、肌触りが良い、抗菌されているので清潔さを保てるなどとメリットがあるため、快適な眠りの手助けをしてくれます。

【公式サイト】
http://123makura.com/

 

勝野式横寝枕

 

【特徴】
勝野式横寝枕はヒロ整形クリニックの院長、医学博士の勝野浩先生が開発。
あおむけで就寝すると 肥満や加齢で舌根で気道がふさがれて、睡眠時無呼吸症候群の原因となります。
この枕は、横向きで就寝する作りになっているので、睡眠時無呼吸症候群の防止になります。
あおむけで就寝することによって、背骨のS字が理想的なラインになり、腰への負担も軽減されます。
枕部分にくぼみがついており、横向きをキープでき、低反発素材なので弾力があり安眠へアプローチしてくれます。

<いびきをかかない枕・概要>
現代では、仕事や家事、育児などに追われているため、疲れが溜まっているという方が多いです。そのことから、しっかりとした睡眠をしたいと考えている方もいます。質の良い睡眠を確保するためには、自分に合った枕かどうかを知ることが重要です。枕が合っていないと、寝起きも疲れてしまいます。YOKONEとは、一人ひとりに合った枕を案内し、横向きで寝ても疲れない枕を提案します。そのため、自分に合った枕を知ることができ、とても質の高い睡眠を確保することができるようになります。
天使の寝息とは、就寝時にぐっすりと安眠が出来る枕です。なぜ、天使の寝息がそういう機能を持っているかというと、就寝時、合わない枕を使っていると、人の身体は緊張状態になり、中々寝付けずに、寝ても、眠りが浅いなんてことがあります。しかし、天使の寝息は、中央部にくぼみがあり、優しく頭にフィットすることによって、気道を確保し、リラックスした就寝タイムを送ることが出来ます。就寝時は人生の多くの時間を使うものです。良い枕で良い就寝を送りましょう。
リビングインピースいびき枕とは、寝る時に使用するだけでいびきが軽減できるという優れものです。パートナーがうるさくて眠れない、人に迷惑をかけているのではと心配しているならおすすめです。
インターネット通販で購入できるのですが、サイトによって多少の値段が違うため、いろんなところを見て安くなっているものを選ぶと良いでしょう。また、ポイントとの併用でかなりお得になる場合もあるので、面倒臭がらずに比較しておきたいです。
スージーAS快眠枕は快眠を追及している枕だから、睡眠の質を高めることができてぐっすりと眠ることができるようになります。だから眠りの質を良くしたいと感じている方に便利です。疲れを溜め込むことがなくなり、快適に過ごせるようになれます。ストレートネックに悩んでいる方にも役立ち、どのような寝姿勢にも負担をかけないように自然な首のカーブに導いてくれます。だから体が痛くなってしまったりすることを防げて安心です。