MENU

いびきをかかない方法〜グッズの選び方

自分ではいびきをかいていることに気付かなくても、周囲の人には相当な迷惑をかけているはずです。

 

一緒に生活している家族や友人の安眠を妨害しないためにも、いびきをかかない方法を実践しましょう。

 

 

ドラッグストアやインターネットの通販サイトでは、いびき対策グッズとしてさまざまな商品が販売されています。

 

 

いびき対策グッズの値段は千円から二千円程度が相場になりますが、一つずつ購入して試したのではかなりの出費になってしまいます。

 

 

効果が実感できる商品を購入するためには、あらかじめ選び方のコツを確認しておくことをおすすめします。
いびき対策グッズの選び方のコツとは、一体どのようなものでしょうか。

 

 

いびき対策グッズには、鼻に装着するタイプをはじめ口につけるテープやマウスピース、まくらなどの種類があります。

 

また鼻に装着するタイプの中にもテープで鼻腔を広げるものから装着型のグッズまでさまざまです。
どの商品を選んでも一定の効果には期待できますが、眠るときに何かを装着するとなかなか寝付けないという方もいるでしょう。

 

 

自分が使えそうな商品をいくつかピックアップしたら、実際に使用した方のクチコミを確認することが大切です。多くの方が効果を実感している商品なら安心して選べます。

知っておこう!〜睡眠薬や抗不安薬の服用でいびきをかく原因
睡眠薬や抗不安薬の服用でいびきをかく原因とは何かというと抗不安薬や睡眠薬には筋弛緩作用が非常に多く含まれているからです。これにより舌や喉の部分の筋肉が弛んで緩んでくるので呼吸をする気道が狭くなり、いびきが出るのです。よくお酒を飲むといびきの原因になると言われていますがこれも同じ筋弛緩作用によるものなのです。薬が原因なら薬を止める事で解消しますが何らかの病気の治療のために服用しているので勝手に薬の服用を止めると病気の症状自体が出てくるようになる為医師に相談も無く勝手に止めるのはやめましょう。しかし自分のかくいびきで一緒に寝ている家族に迷惑がかかるのは避けたいものです。いびきがどうしても気になる方は一度医師に相談すると良いでしょう。

 

いびきをかかない方法〜女性の鼻炎いびき対策とは

いびきは男性がかくイメージもあり、女性のいびきは恥ずかしいと考える人も多々います。

 

 

いびきをかかない方法としてよく知られているのが、まず枕を自分に合った高さにしたり、横向きで寝る習慣をつけることでしょう。
そうすると気道が狭まるのを予防できるためです。

 

 

気道が狭まってのいびきでは肥満体型が原因なことも多く、そんな場合は枕の交換よりもダイエットのほうがいびきをかかない方法として適切なケースもあります。
ただこれらの対策を講じてもいびきが治らないであれば、鼻炎いびきの可能性が出てきます。

 

 

言葉の通り鼻炎がきっかけで起こるいびきですが、このいびき対策では鼻詰まりを解消するのが最も効果的です。

 

 

耳鼻科での治療や手術も方法の一つですが、軽い鼻炎いびきであれば自宅でのケアで済ませたい女性もいるでしょう。そんな時は鼻孔を大きくするテープや、一時的に鼻の通りを良くする薬、お茶などの活用がいびきをかかない方法として便利です。

 

 

 

また家を任されている女性の視点から見ると、鼻炎いびき対策とは家を綺麗にする対策ともいえます。
何故かというと鼻炎は外で起こるだけでなく、家の中の埃やダニの死骸などが原因で発症することもあるからです。

 

 

鼻の通りを良くする方法を用意しつつ、鼻炎になりにくい環境で生活できるように工夫するのも女性の鼻炎いびき対策の醍醐味です。

 

マスクを使ったいびきをかかない方法

いびきは寝ている最中に喉の奥の筋肉が空気を吸い込む際に肺の気道まで押されると吸った際空気の振動音が口から出る状態で、本人は意識が無い状態のため自覚はないため気付くことはないのですが周辺に人がいる場合不快音になります。そのいびきの原因としては鼻炎になったときに鼻の通りが悪くなる時期に口呼吸をすることで習慣化してしまったパターン、そして現在男性だけでなく女性に多くなっている肥満体質になったときに脂肪が筋肉を押し出すことによっていびきをかくことが多いです。

 

いびきをかく人は疲れやすかったりまた肌の調子が落ちるなどの状態になりますが、しかしいびきは口を開けて寝ているので乾燥しやすく口内にいる細菌が繁殖しやすいので口臭の原因にもなるため女性にとっては死活問題だと言えます。そこでいびきをかかない方法を考える必要があるのですが、その最新のいびきをかかない方法として取り上げられているのがマスクを使った対処法です。

 

マスクを使った対処法のやり方はとても簡単で、うつ伏せに寝た時に鼻は開けて口だけをマスクで隠して寝るだけです。いびきの原因は肥満体質ということもありますが大半は鼻の通りが悪くなる時期に口呼吸をすることで習慣化してしまったパターンが原因です。そこで口をマスクで隠すことによって口で呼吸する機会を減らし、その代わりに鼻で吸うことを再び習慣化させることでいびきをかかなくするのです。
とても簡単ないびきをかかない方法ですね。

知っておこう!アルコールを飲むといびきをかく原因
いびきをかく原因とは喉の中を通る空気の通り道の気道が狭くなることで、そうなってしまうにはいくつかの原因があります。首の周りの脂肪が多い人や鼻づまり気味の人、扁桃腺が大きい人はなりやすいのですが、こういった特徴がなくても起きる場合があり、お酒を飲んで寝てしまうと起きやすいのです。アルコールを飲むと筋弛緩作用によって全身の筋肉が緩むのですが、そのことで舌が喉の奥の方に落ちていってしまい気道をふさいでしまうのです。その他にもアルコールによって血流が早くなると鼻の粘膜が腫れたようになってしまい鼻づまりを引き起こしてしまうことがあり、結果的にいびきをかいてしまうこともあるのです。元々いびきをかく人では症状が悪化してしまうので注意が必要です。

 

いびきをかかない方法〜ネルミルタって?

睡眠時に気道が狭くなることによりその間を空気が出入りすることでいびきが発生します。周囲に迷惑をかけないようネルミルタといういびきをかかない方法があります。この方法は顎や喉、舌の粘膜に筋肉を一日に約10分ほど鍛えることでいびきをかきにくい体質作りを行うものです。枕やマウスピースなどの道具を使って気道を確保するのではなく、筋肉を鍛えて自分の体から変化させることで長期的ないびきの改善が見込めるでしょう。

 

いびきをかかない方法〜鼻呼吸のコツ

いびきは、根本的に口呼吸をすることが原因で発生します。そのため、いびきをかかない方法としては、鼻呼吸が有効です。まずは起きているときに鼻呼吸になるように意識するとよいでしょう。鼻呼吸のコツとは、口の中の空気の通り道を閉ざしておくことです。口呼吸に慣れた人が急に口を閉じておくのは難しいことですが、舌を上あごにくっつけるようにしておくと、口が開いていても空気が通らず、鼻呼吸になります。口を閉じるよりも下の位置を意識する方がはるかに容易なので、無理に口を閉じようとするよりも鼻呼吸に切り替えやすくなります。また、日常生活で常時鼻呼吸を意識することは難しいので、ウォーキングなどの軽い有酸素運動を生活の中に取り入れ、その運動中は鼻呼吸をすることを意識するとよいでしょう。

 

いびきをかかない枕の選び方

一般的にいびきは枕の高さが合わないなどの環境上の理由により、呼吸の際に用いられる気道を圧迫してしまうことで生じるものであるため、枕は使う人に適した高さを考慮して選ばなければなりません。
いびきをかかない枕の選び方とは、まず高さが過剰な枕を避けることが重要で、頭の位置が高くなるほど気道を圧迫しやすい傾向にあることから、やや低めの枕を選択するのが効果的です。
しかし、体脂肪や筋肉の影響及び鼻炎などを引き起こす人は、それらの影響に伴って適切な枕の高さが変動しやすく、必ずしも低い枕が有効とは限りません。
低めの枕を使用してもいびきが治まらない場合、バスタオルやクッションをうまく活用しつつ理想の高さを見つけ出し、形の崩れにくい材質でできた枕を導入すると有効となります。

 

いびきをかかない姿勢を維持する方法

いびきは本人が寝ている為気付かない・解らない為、近くで寝ている者には、非常に厄介且つ迷惑で有るばかりではなく、いびきの症状が重くなると無呼吸症候群を発症する場合も有り最悪の場合命が危険に晒される事も希に有ります。その為いびきをかかない姿勢を考える事が大変重要に成ってきます。いびきをかかない姿勢をとる方法として有効なのが横を向いて寝る事です。
横を向いて寝ると気管が広がりいびきをかきにくくなりそして十分な睡眠も得られる様になります。
いびきをかかない姿勢を維持する方法とはどの様な方法最も良いかと考えた場合、やはり姿勢が安定する「抱き枕」を利用していびきをかかない姿勢を維持するのが最良の方法だと思います。尚抱き枕が無い場合薄めの掛け布団を丸めて代用するのも一つの方法です。

 
更新履歴